テキスタイル

伝統と経験を背景に織る「上質」

TEXTILE FACTORY

織物工場

  • 白須虎鬼狗(こきく)が大正3年(1914年)、山梨県都留市で織物業を創業したのが、富士新幸株式会社のスタート。以来、江戸時代に一世を風靡した甲斐絹(かいき)の流れを汲む、紋織物の夜具地を製造販売していました。
    時代の流れによって、この地の織物産業は廃れてしまいましたが、私たちは現在も織物工場を保持しています。

  • 織物工場を持っている羽毛ふとんメーカーは、他にありません。
    クオリティが高く、他にはないオリジナリティのある羽毛ふとんや寝具を企画、製造できるのは、この織物工場があるから、ともいえます。

  • 国内外の厳選素材をたて糸とよこ糸を織機に組み、紋紙(組織図)をもとに、ジャカード織機で織りだされる美しいテキスタイル。
    古くから絹織物の産地であることから、現在でも最も得意な素材は「絹(シルク)」。ブランケットやカバーになる、天然素材のリネン、コットンも織っています。
    ふとん、寝具に仕立てるため、生地幅が広いのも特長。最大幅で、225cmのテキスタイルが織れます。

MATERIAL

素材

国内外の産地や紡績会社を訪ね、納得のゆく品質の糸を直接輸入、購入しています。また、国産の繭または生糸(きいと)の
特徴、希少性を活かした製品の開発・生産に取り組むグループ、「Silk So Good」に代表企業として参画、
「純国産絹マーク」付き…ふとんがわとなる絹織物も、中身のまわたも、純国産…の、まわたふとんを製造しています。

TEXTILE PRODUCT

テキスタイル商品

織物工場で誕生したテキスタイルを、本社工場で製品化、販売をしています。
テキスタイル、製品ともOEMを承ります。

アイテム事例

羽毛ふとん / アイダー羽毛ふとん / まわたふとん / 麻ふとん / ブランケット / パッド / カバー など

OEM ODM コラボレーションはこちら